妊娠線を消すには?

n1

妊娠線は、妊娠中にお腹、特にお腹の下の方にできてしまう線のことを言います。妊娠線は一度できてしまうと出産後も薄くなることはあっても完全に消すということは難しくなってきます。

なかなか消すことが難しいのです。そんな妊娠線ですから多くの妊婦さんは妊娠した段階から妊娠線ができないようにケアを行っています。消すことは難しいので、できないように努力するということですね。

では、妊娠線はどうしてできてしまうのでしょう?


妊娠線はなぜできる?

お腹の中で赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなります。それに従って皮膚も伸びていくのですが、皮膚の伸びが追いつかないという時に亀裂が生じてできてしまう肉割れ線が妊娠線の正体です。

最初は赤紫色の線状斑となっており、だんだんと白っぽくなってきます。出産後でもおなかの大きさは元に戻ってもこの妊娠線は他の皮膚と比べても白っぽいままで残ってしまいますから気になるという人も多いですね。

また、妊娠線ができた時にはかゆみを感じることもあり、かゆみからかきこわしてしまうこともあります。これが悪循環になることもありますから、かゆみのケアも必要となってくるのです。

妊娠線は急激にお腹が大きくなることが原因ですが、人によっても妊娠線ができる人もいればできない人もいます。また、たくさん出てしまう人もいれば少し出た程度というように人によって違ってきます。

分からないから出てからと思っていると手遅れにもなりかねません。初めからきちんとケアするようにしましょう。


妊娠線のできやすい人は?

n4

妊娠線にはできやすい人とそうでない人がいるのでしょうか。確かに妊娠線はまったくできなかったという人もいれば、出産後かなりたつにも関わらず無数の妊娠線があり悩みとなっているという人もいます。

妊娠線ができやすい人というと、まずは体重が大きく増えたというような場合には可能性が高くなります。最近は妊娠中の体重管理が重要なものとなってきていますが、体重増加が激しかったりするとどうしても皮膚はそれに対応することができずに妊娠線となってしまうのです。

分かりやすいところでは双子を妊娠しているような場合で、妊娠線が結構多くできてしまったという人が多いですね。


妊娠線ができにくい人は?

妊娠線ができやすい人がいればできにくい人もいます。どんな人が妊娠線ができにくいのかというと、まずは妊娠中もそれほ激しく体重が増加しなかった、つまり体重管理をしっかり行うことができた人ですね。

他にも皮膚が伸びやすい人というのもやはり妊娠線ができにくいです。と言ってもこれはそれぞれの個性のようなものですから真似することも難しいでしょう。

妊娠線のできやすい、できにくいはあるにしても誰でも妊娠線のケアをすることはできますから、これはやっておいた方がよいですね。

妊娠線ができやすいのは妊娠後期になってからということが言われていますが、できるだけ早くからケアを始めるとよいでしょう。

ケアとしては妊娠線クリームなどが良く知られていますが、クリームを単に塗れば良いということではなくてお腹を優しくマッサージしながらクリームを塗るようにすることが大事です。

クリームを使ってマッサージをして肌を保湿し柔らかくしてあげるということがケアになります。

妊娠線予防というだけでなくマッサージしながらお腹の赤ちゃんに話しかけたりゆったりとした時間を持つこともいいかもしれませんね。



記事の一覧

n3

妊娠線予防、クリーム以外の方法は?